タグ:浮き玉 ( 17 ) タグの人気記事

嵐の後

大雨強風波浪警報のため、フェリーも飛行機も欠航です。そこで同じ宿に連泊しました。翌朝HPを見ると、フェリーは欠航、飛行機は調査中でした。風もおさまってきたので、海岸にでかけました。すると海岸にはかなり漂着物があり、2時間ほど歩いて浮き玉3つ拾いました。そしてHPを見ると、今日は飛ぶとのこと。さっそく帰る準備をしました。災い転じて福?となったのでしょうか。

c0180950_8262593.jpg

c0180950_8261470.jpg

c0180950_826317.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-10-12 08:26 | 日本海

様似郷土館

連休の前半は、地質調査のため、日高地方の様似に出かけました。このあたりの地質と化石を卒論で行うS君と予備調査をするためです。まずは情報をいただくため、様似郷土館を訪ねました。玄関で迎えてくれたのは、おなじみのキョド君。大きな口の割には無口でした。でも目に輝きがあったので、心配していません。そして郷土館ではKさんと半年ぶりくらいにお会いし、今回調査する地層や化石について教えていただきました。その後現地に出向きましたが、詳しいことは改めて紹介します。館内には色々な漁具もありました。帰りに浮き玉2、3個でも拾えればなどと思いました。

c0180950_852127.jpg

c0180950_8522218.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-05-03 08:53 | 太平洋

中玉サイズ

最初の浮き玉を見つけた後、汀線に沿って貝殻を拾っていました。すると目の間にごろんとちょっと大きめの浮き玉がありました。中玉サイズとでもよべばいいのでしょうか。このサイズを拾ったのは3回目くらいです。

c0180950_9111178.jpg

c0180950_9105325.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-04-12 09:14 | 日本海

目玉おやじ

週末天気の良かった日に厚田あたりを歩きました。しばらく平穏な天候でしたで、寄り物には期待してなかったのですが、こんな時には意外にあったりするものです。メノウをいくつか拾ってゆくと、その先に輝くものが見えました。目玉おやじがこちらを見つめていました。無印の浮き玉でした。

c0180950_944952.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-04-12 09:06 | 日本海

浮き玉クラゲ

エチゼンクラゲをかきわけて、メノウを30個ほど拾いました。さすがに手もかじかんできたので、浜辺を後にしました。するとゴミの溜まり場にガラス浮きがありました。このガラス浮き、昨今の流行にも敏感なようで、「浮き玉クラゲ」に変身していました。

c0180950_925194.jpg

c0180950_9251194.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-12-02 09:26 | 日本海

浜益散策1

先日久しぶりに浜益海岸を歩きました。海の色も空の色もすっかり秋の雰囲気といえます。礫浜なのでめぼしい物はなく、浮き玉のヘソを拾ったくらいです。

c0180950_9234713.jpg

c0180950_9235841.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-09-03 09:25 | 日本海

浮き玉ヘソ

先日はまず石狩浜をのぞいてみましたが、駐車場にはクルマがびっしり。そこで望来の方にシフトしました。夏には釣人は少ないので、人影はまばらでした。砂利のたまった地点にあったのが浮き玉のヘソ、川口のマークでした。この時期には完全な浮き玉はまずありませんね。

c0180950_9253782.jpg

c0180950_9252838.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-07-03 09:26 | 日本海

苫小牧東港

苫小牧は典型的な港湾都市ですので、大半が人工海岸になっています。ふるさと海岸は苫小牧西港に属しますが、砂浜が見られるのは一部です。一方、苫小牧東港側にも工業施設が林立していますが、勇払あたりではけっこう砂浜が見られます。そこで勇払あたりの砂浜を歩いてみました。さすがにホッキ貝が多かったのですが、一念発起!して探してみたら、小さな浮き玉(川口印)がありました。苫小牧では初めての浮き玉でした。

c0180950_1641123.jpg

c0180950_164193.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-06-02 16:06 | 太平洋

浜益散策

昨日の日曜日、北海道は大荒れの日でしたが、別件で浜益に行ってきました。用事を済ませたあと、そのまま帰るのも何なので、海岸沿いを散策してきました。まず浜益の郷土館に行きましたが、まだ冬季休館中!とのこと。春は遠いようです。そこで付近の礫浜を歩きました。目ぼしいものはなかったものの、帰り際に小さな傷だらけの浮き玉と目が合いました。彼?もこっちを見つめていました。わたしの同類みたいで家につれて帰りました。

c0180950_92553100.jpg

c0180950_9274245.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-04-27 09:27 | 日本海

浮き玉リアル

1時間半ほど歩いても、気になるものはほとんどありません。平成の若者ですと、チョー飽きた!といって撤退する頃合いかもしれません。しかし、昭和世代は残された時間も少ないので、もう少しがんばってしまいます。そこでふだん歩かない場所にスイッチしてみました。すると次々と3個浮き玉が見つかり、わたしにとってはむしろ大漁?ともいえる結果となりました。

c0180950_9285949.jpg

c0180950_929975.jpg

c0180950_9291919.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-04-08 09:31 | 日本海