様似フィールド調査

連休前半に様似に伺ったのは、新第三系の地質調査と化石採取が目的でした。その時の概略を紹介しましょう。郷土資料館見学後、Kさんの案内でさっそく現地に向いました。実はこのあたりから化石が出ることは知られていたので、さほど期待はしていませんでした。この地層は比較的浅い海にたまった砂岩やれき岩の地層ですが、詳細は不明でした。今回化石よりも地層の良い露出を見れたのが収穫でした。今後地層の堆積物や含まれる貝化石の解析を行うつもりで、地層の年代も明らかにしたいと思っています。実際の化石の産状としては、淘汰の悪いれき岩中に貝化石が密集しているので、良い標本を採集するのは大変です。たとえば二枚貝も殻が変形していて、これはタマキガイですが、一見別の貝にみえます。

c0180950_1031415.jpg

c0180950_103113100.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-05-10 10:33 | 太平洋
<< 様似フィールド調査2 浮き玉サービスデイ >>