タグ:旭岳 ( 6 ) タグの人気記事

周氷河作用

御鉢平あたりの登山道を歩いていると、まわりに不思議な小地形がみられます。六角形に小石が並んだものは構造土、その中の植生部分が盛り上がったものは、アースハンモックとよばれます。これらはいずれも、一定の周期で凍結-融解が繰り返されることで形成される周氷河地形です。ロシア・東シベリアでポリゴンやアラスなど、大規模な周氷河地形を見たことを思いだしました。

c0180950_8552258.jpg
c0180950_8551556.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2011-08-26 08:56 | 日本海

御鉢平

旭岳を東側に下ると、やがて中岳分岐にたどり着きます。ここでは、直径2kmもある御鉢平カルデラの全景が見渡せます。近くの中岳温泉では、川沿いに熱湯が噴出していました。湧きだし口は硫黄で黄色くなっていました。

c0180950_843152.jpg
c0180950_843785.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2011-08-26 08:43 | 日本海

旭岳山頂

登り始めておよそ3時間、ようやく頂上に着きました。予想通り山頂はやはり雲の中でした。5年ぶりの登山だったの、少々疲れました。北海道の最高峰2290mで一息ついて、暖かい珈琲を飲みました。

c0180950_8245876.jpg
c0180950_8245197.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2011-08-25 08:28 | 日本海

旭岳7合目

登り始めはまずまずの天気でしたが、7合目あたりになるとやはり山頂に雲がかかっています。足元に軽石やスコリアも増えてきました。発泡が目立つパン皮状火山弾もたまに転がっています。小さなものはサーターアンダギーに似ています。

c0180950_8193719.jpg
c0180950_8192433.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2011-08-25 08:21 | 日本海

姿見の池

ロープウェイ駅から少々歩くと、姿見の池とよばれる観光スポットがあります。 約250年前の旭岳の水蒸気爆発によってできたマリンブルー?のきれいな池です。さてここからが本格的な登山の始まりです。

c0180950_8263463.jpg
c0180950_8262736.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2011-08-24 08:30 | 日本海

旭岳5合目

北海道中央部に位置する大雪山は、実際には大小20を越える火山の集合体です。今回は北大雪(旭岳・御鉢平)の火山を見学しました。旭岳登山の登り始めは、ロープウェイ姿見駅なのですが、すでにこの地点で標高1600mくらいあります。眼下には一面雲海が、また麓には噴煙が上がる地獄谷が見られました。

c0180950_8374824.jpg
c0180950_837417.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2011-08-23 08:42 | 日本海