<   2010年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

漂着物学会:一升展示(続)

北海道の皆さんの一升展示もユニークでした。kanataさんの北海三昧はパワーアップしましたが、残念ながら今回が最後とのことです。誰もがほしくなってしまうお歳暮ですね。リバストさんのアザラシの比較展示も興味深いものでした。ゴマフアザラシとゼニガタアザラシの違いがよくわかりました。アザラシの頭骨に出会ったら、役立ちそうです。

c0180950_164067.jpg

c0180950_1634923.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-11-30 16:05 | 日本海

漂着物学会・一升展示

漂着物学会の名物といえば、ポスターセッションと一升展示。特に一升展示は、あまり制約がなく、実物を展示できるのが最大の魅力です。今回も地元の方々の展示は力作揃いでした。まずはOさんのニュージーランドのトグロコウイカ。復元絵画もあり人気でした。次に注目したのが,クロちゃんのアオイガイオブジェ。レリーフのようでステキです。わたしもマネして作ってみようかと思いました。

c0180950_8574354.jpg

c0180950_8573366.jpg

c0180950_8572167.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-11-30 08:59 | 日本海

漂着物学会・石井先生ご勇退

漂着物学会を10年にわたって先導してこられた石井忠先生が会長を退き、顧問に就任されました。学会のポスターセッションでは、石井先生のコーナーも設置され、ご著書やパネルが並べられました。特に「新編漂着物事典」にも掲載されているパネル絵には見覚えのある方も多いでしょう。この10年間本当にお疲れさまでした。健康にご留意され、今後もわたしたちをご指導下さい。

c0180950_9215254.jpg

c0180950_9221269.jpg

c0180950_9223049.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-11-29 09:24 | 日本海

漂着物学会・10周年

2001年に創立された漂着物学会も、はや10年となりました。今回の第10回大会を区切りとして、学会の役員も大幅に変わりました。初代会長石井忠先生が顧問に勇退され、新会長に中西弘樹先生が就任されました。10年ひと昔、時代は巡ってゆきますが、石井先生や中西先生が立ち上げた漂着物学会のさらなる発展を祈念したいと思います。

c0180950_846619.jpg

c0180950_8455333.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-11-29 08:46 | 日本海

漂着物学会福岡大会

11月20、21日に漂着物学会福岡大会が、福岡・海の中道で開催されました。学会では1年ぶりになじみの方にお会いできるのも楽しみのひとつです。今年は第10回の記念大会であり、また会長の石井忠先生のおひざもとでもありますので、研究発表そして翌日のビーチコーミングと盛況でした。そのときの様子をかいつまんで紹介します。

c0180950_8572334.jpg

c0180950_8571386.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-11-28 09:01 | 日本海

AKB48ーArgonauta Version

その後週末に何回か余市に通いました。ある程度のサンプルが得られたので、今後殻サイズなどを調べてみます。とりあえずきれいどころ?並べてみました。50弱あったので、AKB48としました。それぞれチームA、チームK、チームBです。一見同じですが、どれも多少は違っています。AKB48のメンバーと同じですね。

c0180950_84720.jpg

c0180950_835976.jpg

c0180950_835067.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-11-17 08:05 | 日本海

南からの贈り物

今年初めてアオイガイを拾った翌日、余市方面でも大量漂着?との情報がありました。多少オコボレもあるだろうと思って、週末に余市にでかけました。カケラをいくつか見つけた後、ようやくひとつ見つけました。これで開眼?したのか、アオイガイ目になってかなりの数を拾うことができました。

c0180950_8481353.jpg

c0180950_8475664.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-11-16 08:50 | 日本海

秋風の贈り物

秋風が吹く頃になると、浜辺に打ち上げられるモノも変わってきます。北海道の日本海側で興味深いのは、暖流系漂着物です。まずこの時期増えてくるのがサクラガイ。2005年頃からけっこう拾えるようになりました。それまでは1年に2-3個くらいでした。そして2005年頃から目立つようになったアオイガイ。今年は2007年以来の当り年のようですね。わたしも2年ぶりにアオイガイを拾いました。

c0180950_8285219.jpg

c0180950_829529.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-11-15 08:31 | 日本海

縞メノウ

メノウの中でも縞模様があると、宝石まではいかなくても貴石のように思えてきます。ストーンショップでは、オニックスとよばれています。縞メノウといえるものは、100個のうちのせいぜい2-3個くらいでしょうか。出会えた時はちょっとうれしいですね。

c0180950_8511621.jpg

c0180950_851563.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-11-10 08:55 | 日本海

赤と白ー浜辺にて

浜辺でメノウを見つけた瞬間は、本当にきれいですね。特にうっすらとぬれていると、宝石か貴石のようにも思えてきます。乾いたメノウもきれいですが、あの時の煌めきは失われています。

c0180950_8573591.jpg

c0180950_8572455.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-11-09 08:59 | 日本海