<   2010年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

浮き玉トリオ

北海道もようやく過ごしやすくなってきました。週末は久しぶりに厚田の海岸を歩きました。浜辺には釣り人も多くなってきました。3時間ほど歩いて、浮き玉は3個(網掛け2、無印1)。この時期にしてはいい方ですね。

c0180950_984485.jpg

c0180950_985548.jpg

c0180950_99572.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-05-31 09:10 | 日本海

エンジンオイル

石狩浜河口まで歩きましたが、その途中にあったのがこの大きなドラム缶です。アーギナTとは、シェルのエンジンオイルであることがわかりました。ラベルはハングル文字なので、韓国由来ですね。漂着ゴミとしてみれば、やっかな粗大ゴミといえます。

c0180950_8432995.jpg

c0180950_8433970.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-05-28 08:45 | 日本海

海幸山幸

この時期になると、浜辺には特にめずらしいものはありません。魚釣りの方々が目立つくらいでしょうか。ウミサボテンとトウモロコシを見つけました。浜辺に干してあると、どちらも食べられそうな気がしてきました。

c0180950_834194.jpg

c0180950_8341167.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-05-27 08:35 | 日本海

銭函乃海胆

今回特に目についたのは、ウニの仲間です。このあたりスカシカシパンは多いのですが、オカメブンブクも目立ちました。小樽よりの銭函駅付近は礫浜なので、エゾバフンウニなんかも見つかります。

c0180950_8363894.jpg

c0180950_8364791.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-05-21 08:37 | 日本海

銭函乃風

先日小樽の帰りに銭函海岸によってきました。当日は風が強く砂埃舞う日でした。遠景の手稲山山頂付近は白く見えます。「銭函乃風」なる看板もありました。聞いたことあるような名前ですね。季節はずれのサクラガイがありました。

c0180950_16114588.jpg

c0180950_16115923.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-05-20 16:13 | 日本海

三笠巡検3

化石採集を終えた後は、桂沢湖で昼食をとりました。桂沢湖の周りは白亜紀の地層からなっていて、ガケからアンモナイトが採れたこともあったようです。さて湖畔に立つのは肉食恐竜?のエゾミカサリュウです。長らく三笠のシンボルとされていましたが、近年ウミトカゲであることがわかりました。この標本は巨大なアンモナイトなどとともに三笠市立博物館に展示されています。

c0180950_9103812.jpg

c0180950_9105744.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-05-17 09:11 | 太平洋

三笠巡検2

化石採集を始めて30分ほどたちました。皆さんの目もだんだん慣れてきて、トリゴニア(三角貝)やイノセラムスなどは次々と見つかりましたが、アンモナイトはすぐには見つかりません。しばらくノジュールの割り方などを手ほどきしていたのですが、わたしも化石探しに集中することにしました。30分ほどしてようやくアンモナイトを見つけました!3cm弱ですが、保存はいいようです。裏側にも小型のアンモナイトが入っていました。その後化石採集初めてのN君が、7-8cmくらいのアンモナイト採りました(ビギナーズラック!)。1時間でアンモナイト3個でしたが、ここの産地ではまずまずでしょう。

c0180950_850077.jpg

c0180950_8501089.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-05-16 08:46 | 太平洋

三笠巡検

北海道を代表するアンモナイトの化石産地として有名な三笠市。昨日は大学バスを借りて、総勢30名!で三笠に地層見学と化石採集に出かけました。昼ころに桂沢湖近くの化石産地につきました。ここには三笠層という白亜紀中期(9000万年前頃)の浅い海にたまった地層があり、白亜紀の示準化石が産出します。いきなりの露頭やガレ場にとまどいつつも化石採集に取りかかった学生さんたちです。

c0180950_1011495.jpg

c0180950_1012433.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-05-15 10:03 | 太平洋

様似フィールド調査3

今回は貝化石主体で見ていたのですが、大型化石ではウニの化石がけっこうありました。不正形ウニのカシパンや正形ウ二と思われる化石があり、さがせばプレートや棘も見つかるかもしれません。なお、様似では連休初めに「ウニ祭り」があったとのことですが、残念ながらこれは石になった食えないウニです。

c0180950_8464747.jpg

c0180950_8465773.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-05-12 08:48 | 太平洋

様似フィールド調査2

貝化石について、もう少し詳しく見てみます。化石の産状には3タイプ程度ありそうです。化石チャネル型や化石層型は、多量の貝化石が見られますが、化石の保存はいまひとつです。それに対して、散在型あるいはノジュール型の場合、時々保存の良い貝化石が含まれています。多少目立つのが絶滅種のイガイ(Plicatomytilus hidakensis)で、合弁のものがよく見つかります。アラスカ、カムチャッカ、サハリンなどに類似種があり、典型的な北方系の種類です。

c0180950_919404.jpg

c0180950_9194939.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-05-11 09:22 | 太平洋