<   2009年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ホネホネ倶楽部

最近は浜辺を歩いていると漂着した骨にも目がいってしまいます。ビーチコーマーには骨好きも多い?ようですが、わたしはあの白っぽいのが苦手ですね。ホネホネ倶楽部?にはあまり入りたくありません。先日見つけたのは小型動物?の連続した椎骨(長さは20センチ弱)。陸上動物のようですが・・

c0180950_9595871.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-06-30 10:00 | 日本海

ハマヒルガオ

北海道も来週あたりから続々と海開きでしょうか。この時期漂着物はいまひとつですが、海浜植物を眺めてみるのも楽しいものです。ハマヒルガオを見ると、やはり夏らしさを感じますね。

c0180950_9514784.jpg

c0180950_9515741.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-06-30 09:52 | 日本海

渚の忘れ物(続)

本当は「砂浜の生痕学(イクノロジー)」というタイトル考えましたが、ちょっと硬すぎますね。こちらはウミドリ?の足跡。もうひとつはヒトの足跡。25センチのわたしの長靴の跡です。アニマル・トラックというような本を見ると、けっこう参考になりますね。

c0180950_9115456.jpg

c0180950_912467.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-06-26 09:12 | 日本海

渚の忘れ物

札幌も昨日は31℃となり、那覇よりも暑くなりました。この時期は漂着物にも恵まれない時期です。そこで砂浜の表面に注目しました。砂浜に点々と連なるこの足跡は何かわかりますか。これはウマの足跡なんです。乗馬クラブが時々砂浜をかっ歩しています。

c0180950_951260.jpg

c0180950_95491.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-06-26 09:06 | 日本海

恐竜のタマゴ?

厚田の海岸ではメノウ拾いに興じていることが多いのですが、たまには化石も落ちています。先日巻貝の化石を見つけました。いわゆるツブの仲間のようですが、部分的でよくわかりません。すると恐竜のタマゴ?のような石ころがありました。きれいな形のジュールでした。このあたりは第三系なので、恐竜はちょっと見つかりません。

c0180950_10238.jpg

c0180950_1015360.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-06-24 10:02 | 日本海

キューピーおじさん

わたしも子どもの頃たまに遊んだキューピーちゃん。その後社会の荒波にもまれ、多少齢も重ねて、厚田の海岸にたどり着いてました。お目々はパッチリですが、多少老眼ぎみ?のようですね。

c0180950_9234284.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-06-23 09:25 | 日本海

ゴムテレンジャー

先日厚田の海岸で見つけたものです。漁港も近いのでたくさんあるのでしょう。浜辺戦隊ゴムテレンジャーとしました。ゴムレッド、ゴムブルー、ゴムイエローと3名いますが、現在グリーン、ピンクなどを募集中です。

c0180950_9114151.jpg

c0180950_9123315.jpg

c0180950_911544.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-06-23 09:16 | 日本海

肩甲骨(続)

同じ日にこんどは厚田の別の海岸に行きました。ここではいつもメノウ拾いをしています。100個ほど拾って飽きたので、流木に腰掛けてボーッとしていました。その帰り際に足もとを見ると先ほどと同じような骨が・・・。こちらのほうがひと回り小さいのですが、立派な肩甲骨です。春先に漂着したものが白骨化しているのでしょうか。

c0180950_10504961.jpg

c0180950_10505868.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-06-19 10:52 | 日本海

肩甲骨

石狩湾沿岸では、冬から春先にかけてしばしば海獣類の漂着が見られます。今年はトドやアザラシなど例年よりも多いような気がします。先日厚田の海岸で海獣の肩の骨(肩甲骨)を拾いました。腕の骨もついていましたが、こちらは生々しいので置いてきました。アザラシ?の骨でしょうか。

c0180950_10442535.jpg

c0180950_10443571.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-06-19 10:45 | 日本海

ホッキガイ(続)

ホッキガイについて勉強するなら、まずホッキ丼やホッキカレーを食べて見ることです。これで終わりにしてもいいのですが、ホッキガイ資料館を見学されると良いでしょう。陽気なホッピー君が出迎えてくれます。ホッキガイを採るマンガ(貝を採るため鉄の歯がついた漁具)も展示してありました。

c0180950_9543592.jpg

c0180950_9544328.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-06-16 09:55 | 太平洋