<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

浜益散策

昨日の日曜日、北海道は大荒れの日でしたが、別件で浜益に行ってきました。用事を済ませたあと、そのまま帰るのも何なので、海岸沿いを散策してきました。まず浜益の郷土館に行きましたが、まだ冬季休館中!とのこと。春は遠いようです。そこで付近の礫浜を歩きました。目ぼしいものはなかったものの、帰り際に小さな傷だらけの浮き玉と目が合いました。彼?もこっちを見つめていました。わたしの同類みたいで家につれて帰りました。

c0180950_92553100.jpg

c0180950_9274245.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-04-27 09:27 | 日本海

サバイバル

先日石狩浜を歩きましたが、以前より少なくなったとはいえ、劇薬入りの青いポリタンクがいくつもみられました。そしてその付近に落ちていたのがこれ。サバイバルゲームで使うマスクのようです。マスクはあったものの、侵入者の姿はなく、過酸化水素で溶かされてしまったのでしょうか。

c0180950_91256.jpg

c0180950_905189.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-04-24 09:01 | 日本海

春のIBC

きのうは恒例の行事、春のIBC(石狩ビーチコーミング)に行ってきました。資料館のSさんの丁寧な説明のあと、石狩浜に向かいました。好天にも恵まれ、初めての方も常連さんも思い思いにBCを楽しみました。子どもさんやご家族での参加も目立っていました。わたしは今年の卒論の学生Mさんを連れて参加しました。初心者ビーチコーマーではありますが、石狩付近の打ち上げ貝類の調査・研究を行ないますので、よろしくお願いしま〜す!!なおMさんの前にあるのは、春先によく見られる泥炭の塊です。

c0180950_9401668.jpg

c0180950_9402516.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-04-20 09:43 | 日本海

砂茶碗

銭函や大浜を歩いてけっこう目立ったものが砂茶碗ですね。今年は石狩浜でも早くから見られたようです。さらに砂茶碗の持ち主?であるツメタガイも立派な貝殻がたくさん見つかりました。

c0180950_953090.jpg

c0180950_954136.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-04-16 09:05 | 日本海

十円玉

先週は小樽方面に出かけ、銭函や大浜を歩きました。目ぼしいものはなかったのですが、暖かくて気持ちのよい日でした。そして見つけたのがこれです。五円が2回あったということにしましょう。北海道には浜辺の銭拾い?の名人もいるようですが、わたしは百円玉を見つけることを目標にします。

c0180950_8593484.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-04-16 09:00 | 日本海

渚の丸イス

石狩浜を歩いていたら、ほどよいサイズの丸太の丸イスを見つけました。歩き疲れたのでここでひと休みです。海を眺めるのにはちょうど良いポジションです。かたわらには野球のボールがありました。

c0180950_1224573.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-04-10 12:26 | 日本海

浮き玉リアル

1時間半ほど歩いても、気になるものはほとんどありません。平成の若者ですと、チョー飽きた!といって撤退する頃合いかもしれません。しかし、昭和世代は残された時間も少ないので、もう少しがんばってしまいます。そこでふだん歩かない場所にスイッチしてみました。すると次々と3個浮き玉が見つかり、わたしにとってはむしろ大漁?ともいえる結果となりました。

c0180950_9285949.jpg

c0180950_929975.jpg

c0180950_9291919.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-04-08 09:31 | 日本海

浮き玉フェイク

札幌も先週には積雪ゼロということで、すっかり春らしくなりました。先日は石狩浜にでかけました。でもさすがに潮風は冷たいふんいきでした。漂着物はまずまずの様子でしたが、ピンとするものはありません。見つかるのは浮き玉モドキ!ばかり。緑や青のボールやガラス瓶のそこが一見それに見えてしまいます。

c0180950_9204363.jpg

c0180950_9184551.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-04-08 09:20 | 日本海

めのう探し

わたしが鉱物(=石ころ)に興味を持ったのは5〜6歳のころでしょうか。小学校に入った頃には小さな鉱物図鑑を持っていた記憶があります。友だちもほとんどいなかったので、鉱物(=石ころ)が唯一のこころ許せる友でした(現在でもまあ似たような状況ですが・・・)。そんなわけできれいな石ころ(特に鉱物)には今でもこころを引かれます。海岸に打ち上げられたメノウはきっとわたしの同朋なのです。今度は人間ではなくて鉱物に生まれてきたい!と心底思ってます。

c0180950_14472484.jpg

c0180950_14473327.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-04-03 14:51 | 日本海

ポリタンク

海岸で最も目立ったものといえば、青いポリタンク。ちなみに望来海岸では500mくらいを歩いて、12個のポリタンクがありました。100mに2-3個は見つかることになります。北海道のみならず日本海側の海岸ではこれは普通の光景なのでしょう。漂着ゴミとしても目立つものですが、過酸化水素水や硫酸などの劇薬が入っていたりするので、やっかいなものといえます。

c0180950_9214497.jpg

c0180950_9215313.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-04-01 09:22 | 日本海