<   2009年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

シーサー

沖縄の町並みを歩くと、玄関や屋根の上に多種多様なシーサーがいます。怖いのやら、面白いのやら、それぞれの表情は喜怒哀楽を表しているかのようです。それらの中でちょっとユニークだったものを、石垣島のあるレストランで見かけました。陽射しが強いのでサングラスは必要でしょう。どちらも赤銅色に焼けていました。日焼け止めは使ってないようでした。

c0180950_9211895.jpg

c0180950_9211022.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-02-20 09:22 | 沖縄

海ボタン

月夜の晩に、ボタンがひとつ
波打際に、落ちていた
「月夜の浜辺」 中原中也

冒頭に中原中也の作品の一部を引用しましたが、「海ボタン」という言葉があるのですね。何年か前に確かShigeさんのブログで知りました。今回いくつかこの海ボタンに出会い、中也のこの作品のイメージにぴったりと思ったのです。なお海ボタンとは、電球のソケットにあるガラスの絶縁体のことだそうです。わたしが見つけたものは、紺色と茶色のものでした。

c0180950_93227100.jpg

c0180950_9321814.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-02-19 09:34 | 沖縄

ビーチグラス

沖縄の浜辺を歩いて気になるものといえば、ビーチグラス。貝殻やサンゴのカケラが多い浜には、カラフルなものがけっこう落ちてます。白砂のせいなのか、ビーチグラスがひときわ鮮やかに見えるのです。浜辺では「渚の宝石箱や〜」という感じなのですが、手許にあると多少きれいな硝子片というところです。南国の海と空と砂がつかの間作り出すマジックなのでしょうか。

c0180950_9184499.jpg

c0180950_9185467.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-02-19 09:21 | 沖縄

宮古島ーパイナガマビーチ

さて3泊4日の日程で、先島諸島を巡ってきましたが、最終日の朝となりました。そこで朝食前にホテルから徒歩で行けるパイナガマビーチを散策して、この旅のシメとすることにしました。平良港の南に位置するこの浜辺は半人工ビーチといえるでしょう。陸側は公園になっているのですが、そこにはパイナガマビーチという琉球石灰岩の石碑がなぜか横たわっていました。このあたりも沖縄らしさでしょうか。朝陽が昇る浜辺は、海と空のコントラストがきれいでした。

c0180950_943965.jpg

c0180950_944829.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-02-18 09:08 | 沖縄

宮古島ー保良漁港の浜2

特に名称もないような浜なので、とりあえず保良漁港の浜としておきます。中国?からの風船やべトナムのキャンディー浮きなど南国起源のものが目立ちました。これらに混じって、多数の漂着種子を拾ったのですが、不明のものもあって調べている最中です。一見すれば、漂着ゴミばかりのようですが、こんなところにお宝があったりするものでしょう。

c0180950_8534662.jpg

c0180950_8533714.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-02-18 08:54 | 沖縄

宮古島ー保良漁港の浜1

宮古島を代表する景勝地といえば、東平安名崎。市街地からクルマで40分ほでしょうか。わたしが訪れた日は快晴で、岬から望む海(太平洋と東シナ海)は青く澄んでいました。さて手許の地図を見ると近くに漁港があるのでちょっと立ち寄ってみました。漁港の奥にはいわゆるポケットビーチがあり、漂着物が散乱していました。そこではカラフルなプラスチック浮きが帯をつくっていました。

c0180950_8453255.jpg

c0180950_8454023.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-02-18 08:46 | 沖縄

池間島ーお浜ビーチ2

この浜辺はあまりきれいとはいえないのですが、言いかえれば漂着物が多い場所でした。中国、台湾、ベトナムからの日用品や各種プラ浮きも普通に見られました。いくつかは北海道で見たものと同じでした。さてこの浜で目立つものといえば漂着種子でしょうか。ココヤシやゴバンノアシはごろごろしてました。最初は丁寧にレジ袋に入れたりしてましたが、あまりに多いのでフットサルのように蹴って遊んでました。そして帰り際にモダマを見つけました。表面を見るとけっこう旅をしてきたようです。

c0180950_9133288.jpg

c0180950_9134415.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-02-17 09:14 | 沖縄

池間島ーお浜ビーチ1

宮古島の北端から全長1425mの池間大橋を渡ると、池間島です。宮古市街からクルマで40分くらいでしょうか。当日は晴天であったこともあり、橋の両側の海はとてもきれいで、写真を撮っている人も何人かいました。池間島の北方には有名なサンゴ礁の八重干瀬(やびじ)があります。さて、わたしが訪れたのは橋のたもとにあるお浜ビーチ。橋の入口の展望台から浜辺のほうに降りてゆくことができます。大きな浜ではありませんが、意外と奥までビーチが伸びていました。

c0180950_943295.jpg

c0180950_944078.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-02-17 09:05 | 沖縄

来間島ー長間浜2

やはり普通の観光客はこの浜までは来ないのでしょうか。1時間ほど散策しましたが、誰にも会うことはありませんでした。ココヤシ、ゴバンノアシ、モモタマナなどの漂着種子もありましたが、ここではサンゴ礁の貝類が多数打ち上げられていました。タカラガイ類やイモガイ類が普通に落ちていました。表面がきれいなものも多いので、貝マニアにはうれしい浜辺でしょう。

c0180950_8493341.jpg

c0180950_848463.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-02-17 08:50 | 沖縄

来間島ー長間浜1

宮古島の西端から全長1690mの来間大橋を渡ると、来間島です。宮古市街からクルマで30分くらいでしょうか。このあたりでも海は鮮やかなコバルトブルーです。この島には3つほど知られているビーチがあるのですが、最も奥にある長間浜を訪ねました。手作りの黄色の案内にしたがってサトウキビ畑をうろつき、ようやく浜の入口にたどりつきました。砂山ビーチのように坂を下ると、意外と広い砂浜が現れました。

c0180950_8392765.jpg

c0180950_8391869.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-02-17 08:40 | 沖縄