カテゴリ:韓国( 21 )

新済州

いよいよ札幌に帰る日となりました。ちょっと早起きしてホテル周辺を散策し、黄海を眺めました。新済州の海岸沿いには遊歩道がありましたが、済州島らしく魚介類のオブジェが多かったのはうれしいことです。この後空港でお土産を買って、小雪の舞う札幌へと戻りました。

c0180950_924747.jpg

c0180950_9241550.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-11-20 09:25 | 韓国

東門市場

野外巡検が終了した後、ホテルに荷物をおいて、市街地の散策に出かけました。そのなかで1番面白かったのは、市民の台所ともいわれる東門市場です。生鮮食品から日用雑貨まで様々なものが並んでいますが、わたしが気になるのは魚介類です。タイラギ、アワビ、サザエ、ワタリガニなどが売られていました。そして真っ赤な山盛りのトウガラシはやはり目を引きます。

c0180950_9161317.jpg

c0180950_9162191.jpg

c0180950_9162911.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-11-20 09:17 | 韓国

足跡化石2

実際に現場に入らせていただいて、足跡化石を観察しました。明らかにヒトの足跡らしきものでした。これはゾウの足跡のようです。この他シカやトリの足跡もありました。当初この地層は5万年前(旧石器時代!)と発表され、話題になりました。しかし地質学者が精査したところ4000年前(縄文中期)とされています。含まれる貝殻の炭素年代ですので、こちらのほうに説得力がありそうです。

c0180950_9271249.jpg

c0180950_9272027.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-11-19 09:30 | 韓国

足跡化石

済州島南西部の海岸に足跡化石が残されているということで、さっそく見学に行きました。海岸部の段丘上?に地層が露出しており、表面には点々と足跡化石が見られました。これらはいずれも陸上動物のもので、この中にはヒトも含まれています。地層にはきれいなリップルマーク(波の化石)が見られるので、干潟や河口で形成された地層でしょう。

c0180950_9172811.jpg

c0180950_9173717.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-11-19 09:20 | 韓国

済州化石博物館

昨年開館したという化石博物館があると聞き、発掘現場見学の後に行きました。中庭には世界各地から蒐集された珪化木が林立していました。博物館は世界の化石と韓国の化石のコーナーに分れていました。わたしは韓国の化石に興味を持って見学しましたが、ラベルなどの説明は暫定的な様子でした。北陸地方の第四系(大桑層など)から良く出るサイシュウキリガイダマシ(Turritella saishuensis)は、済州島の西帰浦層の標本がタイプなのです。また韓国本土の第三系の熱帯性巻貝ビカリア(Vicarya)もありましたが、ツリテラ(Turritella)となってました。全体的に照明が暗く見づらかったのが残念でした。韓国で最初に恐竜化石を発見したYang Seong-Young 博士が私設で建てた博物館とのことでした。

c0180950_1011313.jpg

c0180950_1011396.jpg

c0180950_10115088.jpg

c0180950_10115917.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-11-18 10:17 | 韓国

済州道民俗自然史博物館

済州島の地質・生物から考古・民俗まで、独自の歴史をもつ済州島を多面的に紹介した博物館です。詳しい解説はハングルですが、日本語や英語の説明もあります。野外には石臼、門柱、奇妙な形の溶岩などが展示されてました。館内は写真撮影禁止でしたので、受付で博物館解説書(英語日本語併記)を買いました。

c0180950_9514964.jpg

c0180950_9515849.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-11-18 09:55 | 韓国

チャンスン

済州島ではあちこちにユニークなトルハルバン(石爺さん)がありますが、木を使用したものはあまり見かけません。ところが学会会場(済州コンベンションセンター)で思わぬものを見つけました。先日の漂着物学会柏崎大会でWさんが紹介してくださったチャンスンです。いかめしいものとにやけてるものがありました。慶州あたりには、チャンスンはよくあるよと韓国の方が教えてくれました。やはり済州島も日本海つながりなのですね。

c0180950_8533678.jpg

c0180950_8534526.jpg

c0180950_8535241.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-11-17 08:58 | 韓国

石爺さん2

石爺さんは、島特産の玄武岩で作られた済州島の守護神です。ギョロ目とだんご鼻、丸い帽子とメタボ気味のお腹で特徴づけられ、地域ごとに形や表情が違っています。守護神といってもユーモラスなところが良いですね。下の写真は石爺さんの三役そろい踏みです。

c0180950_9441323.jpg

c0180950_9442272.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-11-16 09:45 | 韓国

石爺さん

14世紀までは独立国だった済州島では、韓国本土とは一味異なった文化や風習が見られます。街中のあちこちで見られるのが、石像のトルハルバン、別名石爺さんともいわれています。チョコレートやストラップなどになっていて、娘にはミニモアイ??などといわれました。北側のものが顔つきが険しく、南側のものは顔つきが穏やかだといわれています。

c0180950_9323237.jpg

c0180950_9324040.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-11-16 09:36 | 韓国

金陵海岸

さきほどの挟才海岸の北隣の海岸です。砂浜の様子や漂着物も似かよってます。丹念にさがせば色々ありそうな様子でした。南海らしくハリセンボンが打ち上げられていました。

c0180950_9345071.jpg

c0180950_935063.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-11-13 09:35 | 韓国