周氷河作用

御鉢平あたりの登山道を歩いていると、まわりに不思議な小地形がみられます。六角形に小石が並んだものは構造土、その中の植生部分が盛り上がったものは、アースハンモックとよばれます。これらはいずれも、一定の周期で凍結-融解が繰り返されることで形成される周氷河地形です。ロシア・東シベリアでポリゴンやアラスなど、大規模な周氷河地形を見たことを思いだしました。

c0180950_8552258.jpg
c0180950_8551556.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2011-08-26 08:56 | 日本海
御鉢平 >>