赤いモノ倶楽部

雪原ばかりを見ていると、どうしても鮮やかなモノに目がいきます。雪のない波打ち際あたりに注目すると、赤く目立つ貝殻がありました。二枚貝のアズマニシキ、ナミマガシワ、そして腕足類のタテスジホオズキガイです。冬場になると、普段より気になる貝殻です。

c0180950_8503435.jpg

c0180950_8502288.jpg

c0180950_8501158.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-12-16 08:52 | 日本海
<< OK!浮き玉! 雪かきわけて >>