穿孔礫打ち上げ

お宝さがしは多少あきらめて、本来の貝殻採集にシフトしました。しばらくして見つけたのが、穿孔貝の入った泥岩の巨礫です。今回の時化で打ち上げられたものでしょう。一部にはまだ生きてる貝もいました。この礫に棲んでいたのは、穿孔貝のニオガイでした。このような穿孔貝を含んだ巨礫が地層中に化石として見つかれば、近くに岩礁があったことやストームイベント(時化の影響)を考える手がかりになるわけです。

c0180950_8393514.jpg

c0180950_8392317.jpg

c0180950_8391319.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2010-12-08 08:45 | 日本海
<< クイの教え 低気圧の後 >>