ホッキガイ

苫小牧の象徴ともいうべきホッキガイ。苫小牧の海岸でしたら、どこにでも落ちています。台風などで海が荒れた後には、生きたホッキガイが大量に打ち上げられることもあるようです。しかし、ごく浅いところに棲んでいるわけでないので、生きた姿(=生活型)はあまり知られていないでしょう。海底の砂に10-20cmくらい潜っています。

c0180950_9474184.jpg

c0180950_9475089.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-06-16 09:49 | 太平洋
<< ホッキガイ(続) 軽石 >>