望来層を見る

先週の金曜日には、学生の皆さんと大学バスを借りて、化石採集とメノウ拾いに出かけました。望来海岸に露出する望来層は、第三紀中新世後期(800万年前頃)の古日本海にたまった地層です。硬質頁岩と軟質泥岩の互層からなり、崩れやすい地層です。また大小さまざまなノジュール(=コンクリーション)を含んでおり、大きなものは1メートルを越えています。

c0180950_10252960.jpg

c0180950_10254022.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-05-11 10:27 | 日本海
<< 望来層の化石 恐竜フェイク >>