めのう探し

わたしが鉱物(=石ころ)に興味を持ったのは5〜6歳のころでしょうか。小学校に入った頃には小さな鉱物図鑑を持っていた記憶があります。友だちもほとんどいなかったので、鉱物(=石ころ)が唯一のこころ許せる友でした(現在でもまあ似たような状況ですが・・・)。そんなわけできれいな石ころ(特に鉱物)には今でもこころを引かれます。海岸に打ち上げられたメノウはきっとわたしの同朋なのです。今度は人間ではなくて鉱物に生まれてきたい!と心底思ってます。

c0180950_14472484.jpg

c0180950_14473327.jpg

[PR]
by akihiko1998 | 2009-04-03 14:51 | 日本海
<< 浮き玉フェイク ポリタンク >>